著作権管理委託契約の仕組み

indieNoteでは、取次ぎによる『非一任型委託契約』でサービスを提供いたします。
取次ぎによる非一任型委託契約とは、楽曲・歌詞などの著作権物の使用許可・使用料をご登録いただいたアーティストご自身が使用申請の都度決定することのできるサービスです。
一任型委託の場合、管理事業者に応諾義務が存在するため、著作権物の「望まぬ場面での使用」が発生してしまう可能性があり、また、ご自身の著作権使用料が一律で規定されてしまいます。
うえじまインベストメントの非一任型委託契約は、「使用料」「使用される場面」「使用回数」などを著作権者(アーティスト)がご自身で決定できるため、自分の曲のブランドやイメージを守ることができ、相応しいと思う額の使用料を請求できます。

一任型委任契約
非一任型委任契約